人気ブログランキング |
2006年 01月 08日 ( 1 )
消防出初式
今日は消防の出初式でした。

式典というのはどんなものでも退屈なものですが

消防も例外ではありません。


なかでも退屈なのは祝辞。

特に、行政関係の方のそれは非常につまらない。

なぜかというと、みなさん、絵に描いたように同じことを言うから。

おそらく、マニュアル等があってそれに沿って本人ではなく、担当の方が原稿を作成しているのでしょう。

まず、時候のあいさつがあって、伝統の出初式を祝い、

「さて」  という言葉とともに、

近年の厳しい社会情勢を述べ、各地であったいろいろな災害を羅列し、

複雑化した社会での消防は変化しなくてはいけないと言い、
(どう変化すべきかとう具体策は絶対に言わない)

現状の厳しさ、消防精神の大切さを訴え(そもそも消防精神ってなんだ?)、

地域の財産を守るためにがんばろう!!!。

・・・・・・・・

恐ろしいほとワンパターンです。

1人目はいいのですが、2、3人目あたりでゲンナリします。

「祝辞」なのですから、
もう少し工夫をしていただけると私どもの士気の向上につながると思うのです。


しかし、例外はあって、議員さんとか、政治関係に携わっている方々は違う。

まず、非常に簡潔で短い。そして、自分の言葉で話す。

さすがに、選挙を戦ってきているだけあって、聴衆の心がわかっています。


・・・・

ということで愚痴を言ってしまいました・・ 新年だというのに。


今年もよろしくお願いします。
by yadoblog | 2006-01-08 21:28 | ・むね・