第16番 万年九郎沼大明神
今日は、地元青年会で万年九郎沼大明神の清掃と奉納が行われました。

万年九郎沼大明神とは・・・

過去幾多の日照りから人々を救ってきた、雨乞いの神様です。
ここは里宮で、山の頂きに奥宮があり、小さな沼の周辺には白い米粒程のシジミが生息しています。
しかし、険しい道が続き地元の人もめったに行くことがありません。
(-21番名所めぐり- より抜粋)

だそうです。
青年会の皆様ご苦労様でした。
[PR]
by yadoblog | 2007-06-03 20:50 | misc
<< 一本道 イタズラ? >>