温泉を愛する全ての人と、そうでもない人へ
by yadoblog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
一方通行
5日から始まった一方通行も、もうじき終わりとなる。

うちは休業中だったので個人的にはあまり不便さを感じなかったが、
営業していたら大変だったろうと思う。

工事の業者さん達は苦労する事もあったようだ。

まぁ、一方通行になって便利になることは無いのだが・・・
何より(車の)お客様が大変かなと思う。

旅館を捜して移動している風の車を何台か見かけた。

いつもなら温泉街を行ったり来たりすれば済む所を、
いったん国道に出て戻って来てるのだろう。

また、ちょっと温泉街を見に来た車は、
いったん国道に出てしまえば引き返してくることは無いだろう。

自由に行き来できればちょっとお店に寄ってということも
あるかもしれない。

歩行者の安全も大事だが、ここで商売をしている物としては
ついこういうことも考えてしまう。

この実験で皆、どのように感じ思ったのか。

お客様、病院の患者さん、地元の人、通勤者、出入りの業者、
役所の方ではきちんと満遍なく意見を聞いているのだろうか。

休業中のため、直にお客様の声を聞くことが
出来なかったのが残念だった。

歩行者にとってこれは良かったのだろうか?

実験を始める前からそうだが、
歩道を歩いていない歩行者もけっこういる。

道路上に障害物があるので一方通行にして
かえって危ないなと思うこともあった。

ある場所では(だいたいはお客様の)路上駐車が減ったが、
ある場所はかえって停めやすくなったところもある。

車を停められると歩道が使えない。
結局、道幅も狭くなる。

一方通行でも車が通る以上、危険は付き物だ。
難しいですな。

安全と利便。
これが両立すれば言うことは無いのだが。

by AIC
[PR]
by yadoblog | 2007-04-18 11:41 | AIC
<< かなりの周回遅れ 本日の桜 >>